株式会社ソーシャルインベストメント

株式投資の「3つのリスク」を上手に回避する方法

株式投資を始めるには予め潜在するリスクを把握しておくことが大切です。

株式投資は預貯金や国債と異なり、資金である元本は保証されていません。

その為に企業の業績悪化や株価下落要因が発生すると投資金の元本割れが発生する恐れがあります。

そこで本記事では株式投資の3つのリスクについて解説し、そのリスクを上手に回避する方法を解説します。

株式投資における3つのリスク

株式投資には大きく分けて3つの主なリスクが潜在しています。

株式投資で代表的なリスクには銘柄の株価下落や企業の倒産(破綻)、流動性の確保です。

これらの潜在的なリスクは日々存在し株式投資を行うにあたり気を付けて置かなければいけません。

株価下落リスク

株価下落リスクは、銘柄の株価が購入時より売却時の方が下回り、受取金額に損失が発生する価格変動リスクに似ていますが、主に企業の内部的要素と外部的要素が引き金で起こるリスクです。

例えば企業が提供する商品やサービスが原因で起こる内部的な株価下落リスクがあります。

この内部的な株価下落は世の中のニーズに合わないなど市場の要望に応じられず、企業の業績が悪化し成長が見込めないために起こります。

外部的な株価下落リスクには世界情勢の悪化や株式市場の暴落が原因など企業以外の要因が引き金で起こります。

企業倒産リスク

企業破綻リスクは信用リスクとも呼ばれ世界的な情勢や国内経済の悪化などが要因で引き起り、企業の業績が悪化し破綻してしまうリスクです。

企業が破綻してしまうと保有株は価値を失い、最悪の場合は投資した資金が回収できなくなる恐れがあります。

流動性リスク

株式の取引は売り手と買い手の注文の需要と供給で成り立ち、一致して初めて取引が成立します。

日頃から活発に取引されている株銘柄なら希望する価格で取引を行うことが可能ですが、何らかの要因で株式市場の流動性が失われると希望する価格で株の売買をすることができなくなります。

また、流動性が著しく低い株銘柄の売買も同様で売り手と買い手が付くまで取引が成立しません。

その為に自分が望む株価で売却することができなく損失を出してしまう恐れがあります。

3つのリスクを上手に回避する方法

3つのリスクを回避するには株式投資の基本的な考え方が重要になります。

株式投資の初心者はデイトレードを行っている方や投資のプロと異なり、考え方や手法、情報など相場観や投資の知識が不十分です。

株式投資の基本的な考え方をご覧ください。

初心者は中長期投資型でリスクを回避する

中長期投資型は初めて株式投資を行う方でもリスクを最小限に抑え、自分が保有する株の知識を増やし、配当や株主優待、売却時に株価が値上がりしていれば利益を得ることも可能です。

株式投資の基本である資産分散を行う

株式投資では1つの株に全ての資産を投資することは危険を伴うため行いません。

株式投資の基本である資産分散に徹底することでリスクを最小限に抑えられます。

例えば株式投資では異なった分野に資産分散を行うことでリスクを回避できます。

株式投資のルールを作る

株式投資では保有期間や目標株価など予め自分で投資のルールを作っておくことが大切です。

例えば保有期間を短期間や中長期間などを設定し、購入した銘柄の目標株価や損失が発生した場合の損切りも考えておくと良いでしょう。

自分に関わりある企業銘柄を購入する

自分の身の回りに存在する企業銘柄を購入することで相場の知識が乏しい初心者でもリスクを抑えることができます。

日頃から愛用している商品やサービスの企業を選び投資することで銘柄の知識を増やしながら相場感が学べます

まとめ

株式投資を行う際は3つのリスクを把握して取引を行いましょう。

加えてリスクを上手に回避することで大きな損失を避けられます。

株式投資を行う際には必須のリスク管理方法です。

無料プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です