株式会社ソーシャルインベストメント

すかいらーくの株主優待券と配当金はいつもらえる?

すかいらーくは、ファミリーレストランを多数運営している企業です。

「ガスト」という看板は日本全国、
ある程度の人口のある町であれば見掛けるのではないでしょうか?

すかいらーくの株を持っていると、株主優待を受けることができます。

どのようにすれば、この優待券をもらえるのか、使える店舗はどこなのか、
また気になる配当金についてもご紹介します。

すかいらーくの株価の推移

それでは、すかいらーくの株価の推移をみてみましょう。

正式名称はすかいらーくホールディングス (3197)となります。
株価は1,984円(2019/9/27現在)。
100株単位で買えますので、198,400円で買えるという計算になります。
もちろん100株で配当金も株主優待もきちんと頂けますよ。

まずは過去1年分のチャートを確認します。

年初来安値が2019/2/18の1,650ですから、
この1年でいうと今は高値圏にいることが分かります。

次に過去3年間のチャートも確認しましょう。

3年前には1,400円を切るくらいでしたので、
株価は安定して上がってきているとみることができますね。

過去5年間のチャートも確認します。

2015年8月には1,900円くらいまで株価が上がり、その後、
1,200円まで下がり、上昇しているとみることができますね。

また、2015年1月には1,000円に近付いていることも分かります。
この時に買っていれば、今、倍になっていますね。

チャートをすべて見て、今は少し高値圏かなと感じる人もいるでしょう。

少し下がった所で買うのを狙うのもよいですし、
このまま順調に業績が伸びると考えるなら今買うのもよいですね。

すかいらーくの配当金はいつもらえる?

すかいらーくの配当金は年2回もらえます。

権利確定月は6月と12月で、
6月の権利確定日に持っていれば9月中旬くらいに、
12月の権利確定日に持っていれば3月中旬くらいに受け取れるでしょう。

現在の1株あたりの年間配当は19円ですから、
配当利回りは0.98%。
残念ながら現在の株価から計算すると1%超えはできません。

実はこれまではもっと配当がもらえていたのですが、
内部留保を確保するという理由で減配されています。

2016年~2018年の配当実績は年間38円です。
2019年は半額になってしまうということですね。

すかいらーくの株主優待券はお得?

すかいらーくの株主優待券も年2回もらえ、
権利確定月は6月と12月で、配当金同様、
6月の権利確定日に持っていれば9月中旬くらいに、
12月の権利確定日に持っていれば3月中旬くらいに受け取れるでしょう。

優待券は、すかいらーくホールディングの運営する
レストランでの食事券となります。

6月は、
100株で3,000円、
300株で9,000円、
500株で15,000円の食事券がもらえます。

12月はもっとお得で、
100株では3,000円、
300株では11,000円、
500株では18,000円の食事券です。

株主優待券の利回りは1,984円(2019/9/27現在)で計算すると

100株 198,400円 株主優待 6,000円 3.02%
300株 595,200円 株主優待 20,000円 3.36%
500株 992,000円 株主優待 33,000円 3.32%

意外ですが300株の利回りが良いことが分かりました。

もっと株価が安い時に買えれば、当然利回りはもっと良くなります。

ただ配当金が減配されたことで、
株主優待が同様のレベルで継続されるか心配する声もあがっています。
このまま継続されるといいですよね。

この食事券は、「株主様ご優待カード」というものになっていて、
500円単位での割引となります。

600円の食事なら500円を割り引いてもらい、
残り100円を支払うとムダがないですよ。

クーポンとの併用も可能です

最近、グノシーなどのクーポンが流行っていますから、
これらのクーポンと併用することで、
さらにお得に食事することができます。

クーポンの種類によっては併用不可の場合もありますから、
会計の時に確認するようにしましょう。

気を付けて欲しいのは、有効期限がだいたい1年だということです。

お得だからと300株持っていても、年間20,000円を使うかどうか、
生活スタイルを確認してくださいね。

余ることが最初から分かっているのでしたら、
金券ショップに早目に持ち込み現金化するのもよいでしょう。

すかいらーくグループのレストランで、最近人気なのは「しゃぶ葉」。

しゃぶしゃぶ食べ放題、ビュフェ形式でサラダバーが充実していたり、
ワッフルが自分で作れたりと若い世代に特に人気が高いです。

ガストにそんなに行く予定がない、という家族連れも
一度「しゃぶ葉」に行ってみるといいかもしれません。
女子高校生も、ワッフル使ったアレンジレシピを楽しんでいますよ。

もちろん、和食の「夢庵」「藍屋」なども健在ですから、
年配の方で和食が食べたい場合に利用するのもよいでしょう。

ちょっと嬉しいのは「グランビュッフェ」でも使えること。

意外とすかいらーくグループだと知らずに
利用している人も多いのではないでしょうか。

イオンモールなどに入っていますので、チェックしてみてください。

(まとめ)すかいらーく系レストランを使うならお得に使える株主優待券!

すかいらーくの配当金や株主優待券についてご紹介しました。

2019年は減配しているものの、株主優待券の利回りは3%程度で、
配当と優待券を合わせると、だいたい4%くらいの利回りになります。

今後も変わらずに優待されるといいですね。

すかいらーく系レストランはたくさんあります。
知らずに使っている可能性がありますから、
一度系列のレストランをチェックして、うまく利用するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です