株式会社ソーシャルインベストメント

【LINEで株取引】1株から購入してみよう

友人や家族などとの連絡にLINEを使用している人も多いでしょう。

LINEにはさまざまなサービスがあり、スタンプや漫画、ミュージックなど使っている人もいるかもしれませんね。

そのサービスの中には、LINE証券があり、株や投資信託の取引ができることをご存じでしょうか。

今回は、LINEで株取引ができる、LINE証券についてご紹介します。

LINE証券で株取引ができる

LINE証券は、LINE Financial株式会社と野村ホールディングスが共同設立した証券会社で、LINEの使いやすさそのままに、株取引が気軽にできるようになっています。

証券会社と聞くと「敷居が高い」と感じる人もいると思います。以前は窓口に出向き口座開設するのも、富裕層でないと相手にされないイメージがありましたよね。

しかし、ネット証券が増え始めた昨今、ネットで手軽に申込みができることもあり、随分敷居が下がってきたといえるでしょう。

LINE証券では、なんとスマホから気軽に口座開設が可能になっています。専用アプリのインストールも必要なく、いつも使用しているLINEアプリの中で取引できてしまうのです。

初心者の場合は、投資関係のアプリを開くだけでも勇気がいる、という場合もありますが、LINEはそうした精神面のハードルも下げたと感じられますね。

LINE証券で取引できるのは、1株単位での購入、100株からの現物購入、そして信用取引です。

ここでは、スマホで手軽にできる取引として、1株単位での購入についてご紹介します。

株を買うというと、基本的には100株単位となっています。

ですから、1株が500円で安い!と感じても、100株で50,000円となりますから、お小遣いでパッと買うわけにもいきません。

しかし、LINE証券では1株単位で購入可能なため、ジュースを買うような感覚で購入ができます。

例えば、商社として有名な丸紅(8002)のチャートを見てみましょう。

現在、1株500円前後ですから、ワンコインで丸紅の株を1株購入することができるのです。

少額で投資できれば、評価損が増えた場合にでも精神的ダメージが少なくなります。

また、少額での分散投資も可能となります。50,000円で、多くの銘柄を1株ずつ購入することも良いでしょう。

さらに、配当金も株数によって受け取ることができます。株主優待は100株以上など、企業によって条件がありますので、それを満たせば受け取ることができます。

LINEポイントを有効活用

キャッシュレス決済のひとつであるLINE Payを愛用している人は、LINE証券との相性が良いでしょう。

LINE証券への入金は、銀行口座から振り込むこともできますが、LINE Payからの入金であれば、あっという間に反映され、手数料もかかりません。

また、銀行口座への出金では出金手数料が200円(税抜)かかりますが、LINE Payであれば無料です。

さらに、LINE PayやLINE ショッピング、LINEトラベルなどのサービスを使った際にもらえるLINEポイントをLINE証券に入金し、投資に充てることもできます。

以前はマイルに交換できることでマイラーに圧倒的支持を受けていたLINEポイントですが、今はそのような使い方は出来なくなり、LINE Payで支払う時にポイントを使う、といった方法で消化している人もいるでしょう。

このLINEポイントをLINE証券に入金することで、株が購入できるため、「少額といっても投資は怖い」と考えているのであれば、ポイント投資からスタートしてみるのもお勧めです。

ポイントであれば、元手ゼロですからマイナスになってもそれほど気になることもないでしょう。投資したことを忘れてほったらかしにしていて、思い出して確認したら増えている、ということもあり得ます。

LINEポイントは、すべてLINE証券の投資に充てる、と決めておくのもよいですね。

また、LINEポイントは使用期限がありますが、LINE証券に入金してしまえば使用期限がなくなるのも大きなメリットと言えるでしょう。

銘柄数は限られる

LINE証券で株を始めたい!と銘柄を調べてみて、これだけ?と感じることがあります。

1株単位で買える銘柄数は日本の有名企業300と国内ETF15銘柄になっています。

気になっているあの企業の株がない!ということもあり得ます。

ただし、これは1株から投資を始めようとする初心者にはありがたいことかもしれません。

厳選された企業の株のみを取り扱いしていることで、リスクを減らしながら取引を始めることができるからです。

株の勉強としてLINE証券でスタートしてみて、慣れてきたら100株で購入したり、他のネット証券で幅広い銘柄を扱うのもよいですね。

LINE Payを使っていれば検討するのはあり!

今現在、LINEやチャットやサービスを使っている場合には、アプリを新たに入れる必要がなく、LINE Payを使っていればLINE証券の入金もスムーズで簡単に始めることができるでしょう。

1株単位から購入できることで、株に少し興味があるけど勇気がない、という人も始めやすいですね。

また、投資信託であれば100円から購入できますから、ジュース1本分と考え毎日投資するのもよいでしょう。

株や投資の勉強を始めたい、と思っても、いきなり大金を動かすのはリスクが伴います。少額から投資を始めてみて、上り下がりや相場の流れを掴んでみてはいかがでしょうか。

無料プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です