株式会社ソーシャルインベストメント

株式投資のスキャルピングのコツとは?押さえるべきポイントについて解説

「3つの手法」を無料プレゼント

スキャルピングとは株式投資やFXにおいてのトレード方法の1つであり、上手に行えれば短い時間で一定以上の利益を獲得することができますが、そのためにはいくつかのポイントについて注意しなければなりません。

今回の記事では、株式投資においてスキャルピングで上手に利益を獲得するコツにはどのようなものがあるのかなどについて説明していきます。

スキャルピングとは?

スキャルピング」とは、数秒から数分間の銘柄の少しの値動きから利益を得る超短期のトレード方法で、1日に数十回と繰り返してまとまった利益を得ることが可能です。

具体的なトレード方法としては、チャートの1分足や5分足などの短期的な値動きを示しているチャートを利用して、少し下がった瞬間などを見計らって購入し、ある程度上がった瞬間に売却するということを繰り返していきます。

スキャルピングで上手にトレードするためのコツ

スキャルピングで上手にトレードするためのコツには以下のようものがあります。

直近の出来高が増加している銘柄を選択する

まずは、直近の出来高が増加している銘柄を選択することが挙げられます。

出来高が直近で急増しているということは、その銘柄の取引に参加している投資家の数も必然的に増加しており、売買を成立させやすいうえ、1日の値幅にもある程度の幅が出やすくなるのでスキャルピングでの利益を獲得しやすくなります。

出来高が少ない銘柄だと、売手と買手が少なく、効率的に売買を成立させらず、利幅も出にくいです。長期保有の場合は別かもしれませんが、スキャルピングのような超短期トレードには向かないのです。

テクニカル分析を駆使する

1分足や5分足などの移動平均線MACDスローストキャスティクスなどのテクニカルツールを利用して、買い時と売り時を判断していく方法です。

スキャルピングは期間が超短期間の取引に分類されるトレード法なので、決算や経済指標の数値を基にしたファンダメンタルズ分析ではなく、テクニカル分析を基にして当日の値動きのパターンやトレンドを追っていく方が効果的です。

テクニカル分析の参考例として、以下において移動平均線の1分足を活用した資料を掲載しておきます。

(上記の赤丸部分で買い、水色丸部分で売るような取引を繰り返して利益を獲得していくことになる)

損切と利益確定のルールをあらかじめ決めておく

スキャルピングの1回あたりの取引の時間軸は、通常の取引に比べて非常に短く、その間に資金の回転率を高くして利益の最大化を図っていかなければなりません。

損失を抱えている時間を長くしてしまうと利益獲得の機会を少なくしてしまい、また利幅を欲張りすぎると、次の瞬間に急落して本来なら利益を獲得できたのにできなくなってしまうという事態が発生してしまう可能性があります。

そこで、あらかじめ損切と利益確定のルールを決めておき、機械的にトレードを行っていくことが重要な要素の1つとなります。

スキャルピングで利益を継続的に獲得していくためには、上記で紹介したような事項に気を付けつつ、自身で実際にトレードをしてみて、その結果を分析してトレードの精度を向上させていくことが重要です。

まとめ

ここまで、株式投資においてスキャルピングで上手に利益を獲得するコツにはどのようなものがあるのかなどについて説明してきました。

スキャルピングは、ファンダメンタルズに基づくトレードやスイングトレードなどの他の方法と違い、超短期間でのトレードで利益を獲得するために特化したトレード方法になるので、そのほかの方法とは完全に区別して取り組むようにしましょう。

無料プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)